サイトマップ

ごあいさつ

ごあいさつ

代表取締役会長 福井保夫

私たちが考えるベストパートナーとは

代表取締役会長 福井保夫“高品質・高信頼の製品を開発し、お届けするだけでなく、もう一つの視点として情報提供もベスト・パートナーを支える基本であると考えています。今、技術革新のめざましい進歩とグローバル化によって、あらゆる産業分野で大きな変化が始まっています。つまり新素材の情報、新技術の情報、新製品の情報などなど、企業が求める最新情報や、未知なる分野の最先端情報などを提供して、より良い製品づくりに活かしてこそ、繁栄の道があります。21世紀に突入して加速度的に進化する化学製品や技術の情報は、企業にとって大きな課題。それだけにいち早い情報共有が何よりも大切です。
“情報の収集と発信”ベストパートナーとしての役割がそこにあります。

代表取締役社長 赤木一良

チャレンジスピリッツを絶やすことなく
100年後、150年後も輝き続ける企業へ。

代表取締役社長 赤木一良社会の潮流の先を読み、スピーディーにチャレンジする……。進趣の気風こそ当社の強みであり、ベストパートナーとしてお客様に貢献し続けるための原動力だと私は考えます。例えば海外進出。1994年、同業他社に先駆けタイに拠点を設立し、グローバル展開するお客様のニーズにお答えしてきました。また商社でありながら開発·製造にも取り組み、設計段階でのコスト削減提案や、お客様の省力化につながるユニット生産などにも積極的に挑んでいます。品質管理にも徹底してこだわり、最新鋭の検査機器の導入などをいち早く進めてきました。
こうした新しい取り組みをお客様に提供する社員も、営業マンではなく、「セールスエンジニア」だという自負を持って仕事に取り組んでいます。社員が積極的にアイデアを出し主体的に動くボトムアップ型の企業体質へ。福井化成は社員一人ひとりの意識においても、時代の先を行きたいと考えています。 バブル崩壊やリーマンショックなど、様々な苦難の波を全社一丸となって乗り越えたことで、当社はより強い企業体力を獲得することができました。この堅固な基盤の上に、持ち前のチャレンジスピリッツを発揮しながら、100年後、150年後も輝き続ける企業を目指したいと思います。